FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「第20回全日本女子ヨット選手権大会」が9月23日から25日まで、葉山港で開催されます。

その大会には、東日本大震災の津波でヨットが流された学生や
震災当日沖に出て練習していた学生さんも参加されます。

全日本学生ヨット連盟顧問の方より、「ホームステイなど宿泊先の支援をしていただけないだろうか。」
と問い合わせがありました。

そこで、葉山港付近の方に宿泊先の提供をお願いしたところ、
Mさんが3DKの空家を提供してくださることになりました!

期間中、ご自由にどうぞ。と暖かい言葉をいただきました。ありがとうございます!

5名の学生が4日間、葉山港付近のお宅に拠点を置かれて、大海原に挑みます!

ぜひ、頑張っていただいて、思い出に残る大会となっていただければと思います。

「こんなお手伝いができるよ!」

「応援に行くよ!」

といった支援も募集いたしますので、支援ご希望の方は事務局までご一報ください。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/

スポンサーサイト
2011.09.14 Wed l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
被災地からたくさんのお問い合わせをいただき、4軒の物件にご入居が決まりました。
みなさんそれぞれの夏休みを過ごされる予定です。

葉山町2世帯住宅の1世帯分(NEW !) :3DK(DK6畳、リビング6畳、和室8畳、応接室)
家具・家電一式有り。トイレ、お風呂、キッチンも専用で使用できます。

駐車場1台分有り。

ステイ可能期間:8/22~ 9/3(期間は応相談)

こちらの物件はご事情により提供がキャンセルとなりました。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
プロジェクト専用電話番号:080-2347-2078  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田


2011.07.26 Tue l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
山形県寒河江市戸建て物件の、7月3日見学お申込みは締め切らせていただきました。
どうぞご了承ください。→7月4日見学に行かれた方からお申し込みが入りました。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
プロジェクト専用電話番号:080-2347-2078  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田
2011.07.02 Sat l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
葉山町にあるNPO法人オーシャンファミリーでボランティアバス参加者を募集しています。
今週末出発ですので、ご興味のある方はぜひご検討ください

http://blog.canpan.info/uminonakama/archive/47
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みんなで守ろう!鳴砂の浜
~気仙沼市民と全国ボランティアの手で~
気仙沼市の宝物・唐桑半島九九鳴き浜 海岸清掃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋地震は東日本の太平洋沿岸に
大津波の襲来をもたらし、九九鳴き浜にも破砕した家屋や漁船・漁具や流木、
生活用品等が大量に流れ着き、重油も確認されています。
九九鳴き浜は、これまで地元の方々が清掃をされ、地域の宝物として
守られてきました。
地元の皆様をはじめ、海を大切に思うみんなで力をあわせて、美しい砂浜を回復しましょう。
(東日本大震災支援基金/日本財団ROADプロジェクトの助成金を受け実施します。)


●日 程: 2010年6月11日(土)~ 12日(日)※雨天決行

●実施場所: 所九九鳴き浜(宮城県気仙沼市 唐桑半島)

●共 催: NPO法人森は海の恋人、災害支援 海の仲間たち、
       気仙沼市教育委員会

●協 力: 唐桑海友会、十八鳴浜研究会 (その他、調整中)

●参加費: 無料。交通費及び宿泊費、食費、自己装備などは
        自己負担です
        ※移動と宿泊については詳細をご欄ください。
   
●募集人数: 100名 (20歳以上。先着順。事前に作業グループを
         決めて現地に入りますので、地元住民の方以外は、
         お申し込みなしでの参加はご遠慮ください。)

●募集対象: 体力のある方、健康な方、体調が万全な方
          ※過酷な状況での作業になる可能性が高い為、
            体力に自身のない方はご遠慮ください。

●作業内容: 海岸清掃、漁船集積の運搬の手伝い(集められた
         津波被災物は、船で運び出します)、分別作業等







++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
プロジェクト専用電話番号:080-2347-2078  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田
2011.06.06 Mon l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここ2,3日福島県から避難のお問い合わせが急に増えています。

ニュースなどでみなさんご存知かもしれませんが、福島市、郡山市、伊達市など県内一部地域では

非常に高い放射線量が測定されています。


文部科学省は1カ月ほど前、学校の屋外活動を制限する放射線量を年間20ミリシーベルトとしました。

これに対し福島県内の親たちが立ち上がりました。

約650人が23日、東京・霞が関の文科省を訪れ、撤回を求める要請文を提出し、

それを受け本日、文部科学省科学技術・学術政策局の渡辺格(いたる)次長は

「最終的には1ミリシーベルトを目指して努力する」という見解を発表しました。

今福島県の親御さんは混乱のさ中にいらっしゃいます。何を信じればいいのか・・・。

放射線は目に見えません。誰にも将来のことは予測不可能です。

避難することがもし取り越し苦労だったとしても、万が一の対策を取っておきたいのが親心です。

今後さらに増えてくるかもしれない避難希望者の方々のために、空家やホームステイを緊急募集いたします。

別荘や空家をお持ちの方、ホームステイ受け入れで個室を用意できる方等。

夏休み中だけのご提供でも結構です。

小さな子供を持ち不安を抱えているお母さんたちを支援してあげませんか?

一度ご連絡ください






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
プロジェクト専用電話番号:080-2347-2078  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田







2011.05.27 Fri l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。