FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このプロジェクトで避難された親子4組。
そのうち3組は一時避難終了し、福島へ戻られました。

☆山形県に避難したWさん親子

3人のお子さんを連れて夏休み避難されたWさんは8月23日に福島県に戻られました。
避難した山形県寒河江市の物件は、周囲が農家というのどかな田舎町で
地元が方がみなさん良い方々だったようで良くしてくださったそうです。
のんびりとした豊かな自然の中で、子どもたちはのびのびと過ごしていたようです。
なによりお母さんが放射能のストレスから解放されたのが大きかったように思います。
毎日毎日放射能を気にするお母さんたちのストレスはかなりのものだと感じます。

Wさんは時々事務局にかわいいお子さんの写メを送ってくれました。
その写真がとてもかわいらしくて思わずにっこりでした。

お部屋を貸してくださった葉山町のAさんご夫妻も、一度山形に行かれWさん親子と一緒にお泊りしました。
すっかり打ち解けて仲良くなり、今後もお付き合いは続くようです。
なんとも不思議なご縁です。本当の孫のようにかわいかったそうです。

被災がつなぐ不思議な縁・・・・。
これは山形だけではありません。


☆秋谷ホームステイに一時避難したTさん親子

8月23日に福島に戻られました。
約3週間の滞在でした。

私たち「おいでよ葉山」事務局2人も実は最初少し心配もありました。
ホームステイはTさん親子だけだったので、ホストファミリーとうまくやれるだろうか・・
・という部分でちょっと気を使っていました。
が・・・全く問題なし!でした。
私たちがびっくりするほど仲良く過ごされていました。
相性”が良かったようです・・・。
ホストファミリーの娘さんとも仲良しになり、ずっと一緒に遊んでいたようです。

逆に邪魔をしないようにと、私たちはあまり干渉せず見守っていたような状態でした。

最後の日はやはり涙・・・・だったようです。
こちらももらい泣きしそうなので、その日はお見送りは遠慮いたしました。

ホストファミリーの方に先日ご挨拶に伺ったら、Tさんには子供だけ(特に小学校2年生の長男)預かってもいいのよと言っているそうです。
冗談ではなく本気で!
なんとも希有な方だな、と思います。
今後もTさん親子とホストファミリーの交流は続いていくようです。
また冬も遊びに来るとおっしゃっていました。



☆富士山麓別荘に一時避難したOさん親子

2週間の滞在を終え8月21日に福島に戻られました。
毎日富士の麓で元気良く遊んでいたようです。
周辺にはサファリパークや遊園地等遊ぶところがいっぱいです。

2週間と短い滞在でしたが、お母さんもお子さんと密に過ごせたこと、とても良い時間だったようです。
普段は働いていらっしゃるそうなので、お子さんと長い時間一緒に過ごすことも無かったのでしょう。
親子の絆が深まった夏休みとなったようです。

別荘を貸してくださったIさんも最後の日、鍵の受け取りに行かれました。
最後は一緒に片づけをして、帰ったそうです。

IさんはOさん親子が快適に過ごせるようにと、夏休み前から随分お気遣いくださいました。
何回かIさんに会ったスタッフ(中野)は、「紳士という言葉がぴったりな方」と言っていました。
私(作田)はまだ一度もお会いしていません。残念・・・。


さて、3組の親子の報告は以上です。

お部屋を提供くださった皆様、本当にありがとうございました。


震災で被災している方々に対して、私たちにはそれぞれできることが必ずある、
ということを再認識させていただいた貴重な経験でした。

そして震災が結んだご縁。

みんな1歩を踏み出したからできたご縁です。
家を貸そう!思い切って避難しよう!
それぞれの思いが合わさり、出会いが生まれました。

そう、1歩が大切ですね。

さて、私の1歩は・・・どこに踏み出そうか。





スポンサーサイト
2011.09.05 Mon l 日々ご報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
余暇プログラムとして お絵描き教室を開催いたしました

講師は支援スタッフとして登録していた吉田さん。
グラフィックデザインのお仕事と子供を指導する仕事をしていらっしゃるそうです。

女性2人の方も助っ人としてお手伝いに加わっていただき、
参加者総勢9名の子供のお絵描き教室でした

福島からの一時避難の親子2組と地元葉山に住む親子2組が参加し、
子供はお絵描き、お母様たちはお茶をしながら交流タイム(おしゃべりタイム)というスタイルにしました。

3つのテーマで作品を描いていきました。
1つめは、種。種から何が育つかなあ。
2つめは、どこでもドア。ドアを開くと自分が行きたい世界を描いてみよう。
3つめは、箱。自分の大切なものを描いてみよう。

テーマごとに吉田さんが種と植木鉢、ドア、箱の平面を作ってきてくださり、
つまみをひくと開く仕掛けになっています。わくわくどきどき。
子供たちは、それぞれ豐な想像力を発揮してたくさん描いていました。

お母様たちは、楽しくおしゃべりtime。

大人も子供も楽しめたプログラムとなりました。

吉田さんありがとうございました

art_1.jpg

art_2.jpg

art_3.jpg

art_4.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/

2011.08.18 Thu l 日々ご報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
葉山町に来ている一時避難の方々のための余暇プログラムとして

アートセラピーを開催いたしました

講師は葉山在住セラピストの後藤南帆さん。

被災者の方々のために何かして差し上げたい、と支援スタッフとしてご登録いただきました。

葉山町に避難してきた親子2組、合計6名が参加しました

会場は葉山町社会福祉協議会2階。

後藤さんが用意したたくさんの色のパステルとクレヨンが真ん中に置かれ、

1人1枚ずつ画用紙が配られます。

まず画用紙の真ん中に自分がイメージする形(何でもよい)を描いていきます。

みなさんそれぞれ。お花、海、円、ちょうちょ等

描き終わったら画用紙を隣の人へ渡します。

自分の目の前に来た絵に、好きなように絵や色を描き加えていきます

それを繰り返して一巡します。

自分の絵が戻ってきた時、かなり想像とは違ったものになっています。

自分の固定観念が覆されるような新鮮な体験だそうです

おもしろいですね

本来なら完成した絵についてそれぞれゆっくり感想等を話しあって、

シェアする時間を取るのですが、小さいお子さんがいるので、

ゆっくり絵についてシェアするというところまではいきませんでしたが、

絵を描くことでストレスの軽減になったのでは、と思います

みなさん楽しんでいただけたようです。

後藤さんありがとうございました




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
電話番号:046-877-5324  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田
2011.08.15 Mon l 日々ご報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
葉山町に一時避難しているEさん親子は、逗子にある「おもしろ体験ファクトリーABC Kid’s Club

という子供ワークショップに参加しています。

クラブを運営するKさんより、「逗子ですが、ぜひ!」とご連絡をいただき、

Eさんが葉山に来られる前からご連絡や情報交換をさせていただきました。

今回も葉山町の垣根を越えて、いろいろな方々にご支援やご協力をいただき、本当に感謝です!

同クラブは8/6(土)7(日)の「逗子こどもフェスティバル」

オリジナルエコバッグ作りのワークショップを出店しました。

abckids1.jpg

abckids2.jpg

企画のための「こども会議」から参加させていただき、子供たちは力を合わせて協力し、

交流を通じて深い絆が生まれました。

売り上げの20%を福島県のこどもたちに寄付されるそうです

当日にお邪魔させていただき、我が子もやさしく教えていただきながら、

オリジナルエコバックを作成させていただきました。
abckids3.jpg

abckids4.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/

2011.08.09 Tue l 日々ご報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月6日(土曜日)富士山麓の別荘に、いわき市から親子がきました

7歳、5歳の兄弟、6歳、4歳、0歳の3人兄弟とお母さんたち。

お父さんが車で送ってきてくれました

ちょうど夏休み期間と重なり、道路は大渋滞だったようで

来るのに8時間以上かかってしまったようです

滞在予定は2週間。

こちらの物件は某市のIさんが、おいでよ葉山の趣旨を理解していただき、

「葉山町民でも葉山町内でもないですが・・・」と物件の提供を申し出てくれました

立会いのためにお邪魔させていただきましたが、閑静な場所にあるとてもすばらしい別荘でした。

Iさんご家族は受け入れをするために、木々の伐採や室内の清掃など

毎週のように高速道路に乗って手入れをしていただき、準備をしてくださいました


頭が下がります

当日は、Iさん一家がプチウェルカムパーティーを開催してくれました

私もあやかり、ノンアルコールビールをいただきました

心の温かいIさんご家族に本当に感謝です



避難されてきたいわき市のOさん、Hさん親子が、放射能の危険から逃れ

富士山麓でのびのびと過ごされること、本当に良かったと思います

fuji1.jpg

fuji2.jpg

fuji3.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
葉山町社会福祉協議会 地域包括支援センター内
被災者支援プロジェクト「おいでよ 葉山」事務局
プロジェクト専用メールアドレス: hayamahs@yahoo.co.jp
ホームページ:http://hayamahs.jimdo.com/
プロジェクト専用電話番号:080-2347-2078  受付時間平日8時30分~17時  
担当:中野・作田
2011.08.09 Tue l 日々ご報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。